解体の主な工事

ヘルメット

解体の主な流れ

解体工事は業者と現場に入って日程を打ち合わせし、足場と落下防止ネットの取り付けから始まります。 解体業者により足場屋を呼ぶか解体屋が足場を組むかはそこそこで異なります。何故解体に足場が必要になるのかは解体した建築物が近隣の住居に落下したり歩行者の安全を確保する為に必要になります。 安全管理のために解体工事には足場が不可欠なになります。 仮設足場の組み立てが終わりいよいよ解体が始まります。住居などは内部を先に解体しますが車庫などは外壁から解体していきます。 解体工事では産業廃棄物が出るので廃棄する場所を事前に調査しておきます。 分別できるものは中間処理施設へ埋め立てをするものは最終処分場に運びます。 解体工事で最も重要なものが廃棄物のマニフェストになります。 廃棄物の量が一致しているか確認する必要があり廃棄料が明らかに少ない場合役所工事などでは問題になります。 民間工事などでは、マニフェストが必要ないところもありますが殆どがこのマニフェストを保管します。 鉄骨などを処分する場合はガスで切断する場合と重機で取り除く場合があるので、ガス利用の場合は防炎シートを事前に用意し二次災害などを防止します。 基本的に解体工事は土日は活動することが出来なく音が出る作業なので近隣の挨拶などを事前にしておくと苦情などが少なくて済みます。 挨拶回りは作業前に必ずしておくとお互いに気持ちよく作業を行うことができるので周辺の住民にはかならず作業前に説明をしておくと良いです。

Copyright© 2017 建造物を安全・安心に解体!プロの技術に任せちゃえ All Rights Reserved.